そして父になる ネタバレ 結末

この記事の所要時間: 229

福山雅治さん主演の映画「そして父になる」が2013年9月28日に劇場公開されます。

そこで今回はこの作品のネタバレ・結末について書いてみようと思います。

そして父になる

 

この作品は昭和40年代に実際に起こった、「新生児の取り違え事件」を

モチーフにした作品で、福山雅治さんが父親役として出演し、他

尾野真千子さん
真木よう子
リリー・フランキー
二宮慶多

さんなど、豪華出演陣が勢ぞろいしています。



【スポンサードリンク】



物語は福山さん演じる野々宮良多が大手企業に勤め、高級マンションで妻・みどりと

一人息子・慶多との3人で何一つ不自由ない家庭に病院から一本の電話が

掛かかってきて、病院に向かうと「赤ちゃんの取り違えが発覚した」と

医者から突然の宣告を受けます。その宣告をきっかけに、

夫婦は、取り違えられた相手側の実の子供に再会し、

「血のつながりをとるのか」、「今まで育ててきた子供をとるのか」

究極の選択を迫られ、その苦悩と現実が描かれた作品となっています。

この作品は、第66回カンヌ国際映画祭にて審査員賞を受賞し、

過去にも、たくさんの受賞経験のある是枝 裕和さんの作品ということで

注目が集まっています。

 

 

是枝監督の過去の作品には
『DISTANCE』 『誰も知らない』 『歩いても 歩いても』などがあり、

今回の「そして父になる」ではどのような結末が待っているか楽しみですよね。




【スポンサードリンク】




映画「そして父になる」の結末・ネタバレ

ここからは映画の結末・ネタバレになっています。

この映画は実は原作というものはなく、

原作から結末を予想するということはできません。

 

ただ、外国向けの映画のタイトルである

「Like Father, Like Son」 (この父にしてこの子あり)≒(蛙の子は蛙)

というタイトルから、最終的には血のつながりよりも

6年間の愛し合った時間を優先するのではないかという意見がありました。

 

とはいえ、実の息子を手放すのも精神的につらいものがありますよね。

 

福山雅治さん自身、授賞式にて

「僕を子供として産んでくれた父と母に、そして僕を父親にしてくれた妻と娘にお礼を言います。ありがとう」。

と語るなど、心にぐっとくる作品なんでしょうね。

 

結局、どちらの選択をとるにせよ、間違いではなく、

自分だったらどうするか、深く考えさせられる作品ですね。

 

福山さんや、リリーフランキーさんなど、役者さん達の

演技力で、どうやってこの作品が表現されているのか。

 

ぜひ劇場に行ってみてみたいですね^^

 

【スポンサードリンク】

最後までお読み頂きありがとうございます!

もしも、役に立つ、楽しいと感じて頂けたら
下のボタンでシェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ